contents


注目記事 〜All About から〜
「英語が苦手の日本人、真の原因はコレだ!」

 
小学校の英語とは?
国際理解 外国の文化に興味を持ってほしい!
フォニックスを学ぼう  【英語子育て】のページへ
学ぶ?遊ぶ?英語のサイト 【リンク】のページへ
 
   

 
なおきくんもとうとう小学生。ますます英語に触れる時間が少なくなり、今から頭を抱えています。しかも子供が大きくなればなるほど英語子育ての悩みの種が増えてきます。つまり、当然のごとく日本語が達者になってきて文字がどんどん読めるようになってくると、そのぶん英語は、普段使わない単語からどんどん忘れていってしまうんです。日々の積み重ね、日常の英語環境というものがとっても大事だということを痛感しています。
 

 
  

『子ども英語 2006年9月号』
【12月の特集】
特集1◆Tell your friends what you see and hear. 学校に行けない世界の子どもたち
9月。日本では夏休みが終わり、新学期が始まります。私たちにとって、学校に行くことはありふれた日常のひとコマでも、世界には学校に行きたくても行けない子どもたちがたくさんいます。なぜ学校に行けないのか? 私たちにできることは何か? 今月のキーワードは「知る・感じる、伝える」。子どもといっしょに世界の現状を見つめ、何かを感じ、だれかに伝えてください。
教材トピック◆I can....
付録◆どんな味かな? クッキング写真カード&ルーレット
「チャプスイ」と呼ばれる中華風野菜いためをベースに、いろいろな味つけのクッキングが「体験」できるカードを紹介。“can”を使った表現が楽しく学べます。今月のふろくはすべて実物の写真を使用しています!
千載一遇インタビュー都立足立東高等学校校長 星野喜代美氏新しいタイプの高校「エンカレッジスクール」での取り組みを取材。
連載◆みんなともだち/がんばれ子ども英語せんせい! ほか



↓↓小学生の英語のことなら↓↓
【アルクの小学校英語】
 

 

 
 
皆さんにも是非読んでもらいたい記事を 「All About」 からご紹介します。皆さんも All About[子供のための英語] はご存知だと思います。 が、私がここで紹介するのは [ビジネス英語] に掲載されている学校の英語教育、日本人の英語学習の仕方に関する記事です。
 
 

 
英語が苦手の日本人、真の原因はコレだ! シリーズより
 

  ・ Vol.1 日本人どうして英語が話せない?
       
まず「学校英語のなぞ」で今までの英語教育の現状をもう一度考えましょう。

  ・ Vol.2 英語は「息」でマスターできる!

      
日本語と英語が最も違う点を理解しましょう。
 
  ・ Vol.3 どうして英語が聞き取れない?
       
日本人が英語が苦手になる理由がもうひとつあった!
 
  ・ Vol.4 英和辞典の意外な落とし穴!
       
今流行の「音読」についての注意点もちょっとだけ挙げられています。
 
  ・ Vol.5 英語の「周波数」とは何か?
       
外国人に話しかけられると「頭が真っ白になる」のは何故?科学的な角度から分析。
 
  
・ Vol.6 日本で英語をマスターする(1)
       
このシリーズのまとめともいえる記事です。ここでは英語の「4技能」と「英語の環境」について書かれています。
 
  ・ Vol.7 日本で英語をマスターする(2)
       
続編です。ここではさらにわかりやすく図を使って英語の「4技能」について書かれています。 
 
 
        
いかがでしたか?
        とても読みごたえがありますよね。
        また、参考になる記事を見つけたら紹介していきます!




 
小学校の英語とは?
 
関連記事をご紹介します。
All About[子供のための英語]より 
小学校英語必修化シリーズ
新聞が書けない小学校英語必修化のウラ事情
高学年に教え込む?英語教育必修化の是非
小学校で英語を教えたい人々が増えている!
公立小学校の教壇に立つ英語指導の先生たち
プロソディで大成功!注目の小学校英語教育
教えなくても子供は学ぶ!小学校英語の秘訣
激しい討論!第6回小学校英語教育学会
松香洋子先生が「小学校英語教育」を語る!

小学校で働く「ネイティブ英語講師」の実情




2002年度から公立小学校の学習指導要領が新しくなりました。これにより、小学校でも「総合的な学習の時間」の中で、国際理解の一環として英会話を取り入れることが可能になりました。

 
 
「総合的な学習の時間」
(1) 地域や学校、子供たちの実態に応じ、学校が創意工夫を生かして特色ある教育活動が行える時間。
(2) 国際理解、情報、環境、福祉・健康などの従来の教科をまたがるような課題に関する学習を行える時間。
*総合的な学習の時間の内容は、各学校で決めます。国が一律に内容を示していないので、学校が創意工夫をして行います。従来の教科のように、教科書もありません。

 

小学校の英語活動の現状 − 小学校の英語は教科ではなく、あくまでも子供たちが外国語の「言葉」を使いながら、その文化を学び、歌やゲームなどで英語に親しむことを目的としています。中学生になっては学べなくなる「外国語に対応する能力」を開発するためです。
しかし指導内容、指導方法、授業時間数は各学校の裁量に任されています。たとえば学校行事で年に数回しか活動しない学校もあれば、月1回、週1、2回という学校もあります。
 
 
 
教科化への動き − 文部科学省では最近、英語の教科化へ向けて本格的に検討する動きが出てきました。 (2004年2月)




 ←home


 

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO