ここでオススメする映画は、実際になおきくんと一緒に見たものだけです。
本人が気に入ったものはDVDを買いました。反応は良かったけど、ちょっとまだ早すぎるかなというものはレンタルで借りて何度も見ています。
 
おそらく、ほとんどのレンタルビデオ屋(TSUTAYA)さんで貸し出されているDVDまたはビデオです。購入する前にレンタルで一度見てから購入すると失敗しなくてすみます。大人は面白くても、子どもにとっては怖かったりするおはなしもありますしね。
 
なるべく最近の映画を中心にオススメしています。
ホームアローンとかベートーベンとか、さかのぼるとキリがないもので。
 
 

MADAGASCAR
(マダガスカル)
映画館で見てきました!でも残念ながらこの手のファミリー向け映画はほとんど日本語吹き替えばかりで字幕は夜の時間帯しかやっていなかった為、仕方がないので日本語で見ました。素直に面白かったです。でもやっぱり「踊るの好き、好き〜♪」よりも「I like to move it, move it〜♪」の方がしっくりしてる!
Racing Stripes
(レーシング・ストライプス)
只今、コメント考え中・・・。とりあえず、ベイブを思い出します。ストライプスがカワイイ!
Tarzan 2
(ターザン 2)
只今、コメント考え中・・・。とりあえず、ターザンがまだ小さかった頃のお話。
Lilo & Stich 2
(リロ&スティッチ 2)
リロとスティッチのパワー炸裂!すっかりオハナ(家族)の一員としていい子になったスティッチ。でも、ときどきスティッチに異変が・・・!最後の方で思わず泣いてしまいました。なぜだかは見てのお楽しみということでv(*'-^*)-☆
Garfield
(ガーフィールド)
体もデカイが態度もデカイ、猫のガーフィールドの地位を脅かす存在がやってきた!それが面白くないガーフィールドがとった行動がとんでもない事件を引き起こすことに!なおきくんはガーフィールドと一緒に"I feel good! "と歌いながらおしりフリフリ踊ってます。(この歌は以前、大好きな海外ドラマの中で使われていてお気に入りだったんです。)
The Emperor's New Groove
(ラマになった王様)
意外に面白くってビックリ!なおきくんも毎日のように「見たい、見たい」と言っていました。超わがままで、超自分勝手な王様クスコにクビにされた魔女イズマは仕返しにクスコをラマにしてしまいます。ラマになってもまだ自分勝手なクスコは人間に戻ることが出来るのでしょうか?
Mr. Incredible
(ミスター・インクレディブル)
あまり期待していなかったのに超〜面白かったです!家族全員が不思議な能力を持つヒーロー一家です。でもパパは昔のある事件をきっかけに表舞台から去ることに・・・
Lilo & Stich
(リロ&スティッチ)
映画館で見たときは反応がイマイチだったなおきくんですが、しばらくしてレンタルで借りてきて見たら、何度も見たがるくらいお気に入りに。ハワイアンの音楽やフラの踊りも気に入って真似していました(笑) "'Ohana means family. Family means no one is left behind - or forgotten."というステキな言葉が離れかけた家族を1つにしてくれます。
Deep Blue 
ディープ・ブルー)
なおきくんはこういった海の生き物もすごく好きなので是非見せてあげたい映画です。「ディープ・ブルー」と聞いて最初に思い出したのは、あの人工知能を持ったサメが襲ってくるパニック映画ですが、原題は「Deep Blue Sea」なので、それとは違いますよ!! BBCの製作スタッフが、7年かけて撮り上げた壮大な海のドキュメンタリー映画です。もちろんサメも出てきますが。予告を見ただけでも、CGとは違う本物の魅力と圧倒的な迫力、音楽にうっとり。音楽はあのベルリン・フィルです。
Shrek 2
(シュレック2)
前作でめでたく結ばれたシュレックとフィオナ姫。しかし、まだ「めでたし、めでたし」とはいかないようです。現在公開中の映画です。いろいろな映画などのパロディが散りばめられているので見逃さないように!そして相変わらず、RockやSoulナンバーがストーリーを盛り立てています。前作に登場した仲間たちも大活躍です!CGアニメーションはPixarだけではありません。Dreamworksの名前も覚えておきましょう。
Finding Nemo
(ファインディング・ニモ)
Pixarの最新作!人間に捕まってしまった一人息子ニモを探しに、父マーリントとニモが乗せられた船を見たというドリーの旅。目的地はオーストラリアのシドニー。ニモもマーリンもそれぞれいろいろな生き物たちと出会い、そしてお互いが親として、子として成長していきます。
Brother Bear
(ブラザー・ベアー)
もうすぐ発売されますね。愛、愛、愛に満ちています!兄弟愛だけでなく、偶然であった小熊コーダとの間にもいつの間にか家族愛が芽生えています。人間の立場、動物の立場それぞれの感情が、子供にもわかりやすく描かれているのではないでしょうか。心温まるストーリーです。こちらもフィル・コリンズの曲が使われています。サントラはなおきくんのお気に入りです!
The Land Before Time
(リトルフット)
もう6作目も出ているほどの人気です。特に第1作目は感動します!悲しい事件、大規模な地殻変動、恐ろしい肉食恐竜などの困難を乗り越えて、5匹の異なる種族の恐竜の子どもたちが冒険をします。エンディング・テーマをダイアナ・ロスが歌っているのですが、これがますます感動を誘います。
Dinosaur
(ダイナソー)
フルCGではなく、CGと実写の合成です。小惑星の衝突のシーンなどは、すごい迫力です!本物の恐竜を見たことはないけど、まるで本物です(笑) リトルフットの第1作目と同じく、恐竜の楽園を求めて移動するお話ですが、ハラハラ、ドキドキの連続。気が付くと主人公の恐竜に感情移入しています。音楽も素晴らしく、よくテレビ番組で使われています。恐竜好きの子だけでなく、大人にもおすすめです!
Tarzan
(ターザン)
ターザンがどのようにしてゴリラに育てられることになったのか、というところから始まります。最初は仲間として受け入れてもらえなかったものの、やがてたくましく成長したターザンは、誰もが認める存在になっていきます。そんなとき、ゴリラにとって脅威となるものたちがやって来ます。スピード感があって、テンポ良く展開していくストーリーはとても面白いです。フィル・コリンズの歌や音楽もピッタリです! 続編「ターザン&ジェーン」もあります。
Ice Age
(アイス・エイジ)
フルCGアニメーションの映画です。モンスターズ・インクにばかり気を取られていて、完璧ノーマークでしたが、なんと、そのモンスターズ・インクを抑えて、アカデミー賞の長編アニメーション部門でオスカーを受賞!! 時代は氷河期(アイス・エイジ)。ひょんなことから人間の赤ちゃんを拾ってしまったマンモスとナマケモノのおかしなコンビ。そして密かに赤ん坊を狙っているサーベルタイガー。いろいろな思いが交差しながらも、やがて仲間意識が生まれます。最初から最後までユーモアたっぷり。そして心が温かくなるストーリーです。絶対に見てほしい映画です!
Shrek
(シュレック)
おとぎ話に出てくるキャラクターたちが、生き生きと、自由勝手に動きまわります(笑) 声優陣は超豪華!ですが、子供にとってはそんなことは関係ないんですよね。とにかく面白いです! 挿入されている曲が全てカッコいい!! 
Monsters, Inc.
(モンスターズ・インク)
もう説明はいりませんね。その後が気になるので続編を作って欲しいです。
Bugs Life
(バグズ・ライフ)
モンスターズ・インクと同じスタッフが作った前作にあたる作品です。当然のごとくハラハラ、ドキドキの面白さです!小さい子は悪者のバッタを怖がるかもしれませんね。
Spy Kids
(スパイキッズ)
スパイキッズは3まであります。いろんな道具を駆使してミッションをやり遂げていきますよ。変なキャラクターが登場するあたりはアメリカっぽいなと思います。1、2、3と通して見ると、主人公の子役たちが本当にどんどん大きくなっていくのがわかります。
Babe
(ベイブ)
これも超有名ですよね。動物同士がおしゃべりします。小さいお子さんにピッタリの映画です。ラストシーンは感動の嵐です。何度見てもラストでダァーと涙が出てしまいます。またベイブがかわいすぎる!どうしてあんなにピンクでかわいいんでしょう!! 続編もあります。
Homeward Bound
(奇跡の旅)
こちらもベイブと同じく動物がおしゃべりします。捨てられたと勘違いしたご主人思いの2匹の犬と1匹のネコが、遠い遠い道のりを助け合って我が家を目指します。これまた、ちょっとマヌケな所がいいですね。あのマイケル・J・フォックスが声優として参加していますよ。続編も出ています。
Dr. Dolittle
(ドクター・ドリトル)
またまた動物がおしゃべりしますよ!1、2とあります。もし見るなら是非2本とも見てください。動物たちの言葉がわかってしまうエディー・マーフィー演ずるお医者さんと、様々な動物たちが出てくるファミリー向けの映画です。
James and the Giant Peach
(ジャイアント・ピーチ)
ティム・バートン監督のファンタジー溢れる作品です。実写と人形の合成で、巨大な桃に乗って仲間の虫たちとNYを目指します。機械仕掛けの巨大ザメに襲われたり、ガイコツの海賊に襲われたり、意地悪なおばさんたちに襲われたり・・・襲われすぎです(笑)。
The Nightmare Before Christmas
(ナイトメア・ビフォア・クリスマス)
同じくティム・バートン監督作品です。子供に「ハロウィーンは怖くて楽しいもの」だと教えるのに最適(?)です。かわいくて不気味な人形たちがいっぱい出てきますよ。雑貨屋さんにいくとよくこのフィギアを見かけますね。
Antz
(アンツ)
バグズライフよりも少し大人向けかもしれません。アリ社会の様子が描かれています。キャラクターもピクサーのものと比べるとカワイイとは言えませんが、ストーリーは面白いので1度試しに見てください。
George at the Jungle
(ジャングル・ジョージ)
大人がくだらないと思う映画を、子供もそう思うとは限らないらしい(笑) なおきくんはハマってしまいました。とりあえずこの映画を見れば、"Watch out!!"を必ず覚えることは間違いないです。続編の2では、主人公が少し若返っています。1のブレンダン・フレイザーとは違う俳優さんでした。
 
 
 

 
 
 
 

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO