子供と一緒に輸入ビデオを見てるとき、子供に 「何て言ってるの?」 と聞かれて、困ったことはありませんか?

子供が赤ちゃんのときはいいのですが、大きくなれば絶対に聞かれるはず、と不安になり、以前から気になっていたCCD(クローズド・キャプション・デコーダー)を使ってみることにしました。

これがあれば辞書を必死で引くこともなく、子供にカッコ悪いところを見られなくてすむわけです(笑)

それに、 映画のビデオ(DVD)って、どんなにテレビのボリュームを上げても音が小さいものもありますよね。囁いている言葉とか、ひとり言でブツブツ言っている言葉なんかは特に聞こえない!日本語の字幕で意味が分かっても、英語で何と言っているのかが知りたいとき、このCCデコーダーがあれば解決!

子供とBarneyやBlue's Cluesを見ていて、歌の歌詞が判らないときにも、このCCデコーダーがあれば大丈夫!

ではまず、クローズド・キャプションとは何なのかを簡単に説明します。
 

 
 
 
Closed Caption とは?

クローズド・キャプションは、アメリカで開発された英語の字幕スーパー方式で、もともとは耳の不自由な人がテレビやビデオを楽しめるように考え出されたものだそうです。セリフやナレーションなどがテレビ画面に英語字幕が表示されます。

しかし、現在では英語を第2外国語とする人たちや英語学習者のための教材としても利用されています。

英語字幕をテレビ画面に出すには、クローズド・キャプション・デコーダ(12,000〜20,000円)を購入し、テレビとビデオデッキの間に接続するだけです。英語字幕はクローズド・キャプション信号をデコーダが読み取ることによってテレビ画面に表示するので、クローズド・キャプションに対応したビデオテープが必要です。アメリカで発売されている80%以上のビデオにはクローズドキャプションが記録されているそうです。

私が持っている輸入ビデオも99%がCC対応でした!!

ビデオテープではケースの背中と裏面にあるこれらのマークが目印です。

私たち英語学習者にとっては、聞き取れない英語のセリフ気になるフレーズも、英語の字幕を見ることで確認できます。

また、CCデコーダとCC対応ビデオを使えば、英語字幕を自在に出したり消したりできます

そのほかの機能はメーカーによっても違いますが、私の持っているCCデコーダーは字幕のON/OFF以外に、字幕の背景色を黒くして字幕を白にしたり、背景色を透かしてあまり邪魔にならないようにすることも出来ました。その他、字幕の位置を上げたり下げたりも出来ました。

私の持っているCCデコーダーは国内メーカーでとってもオススメなのですが、どうやら絶版になっているようです。残念!


 


Closed Caption(クローズド・キャプション)に関するサイト

クローズド・キャプション最新情報
クローズド・キャプション映画英語学習

 
 
 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO