お金をかけずに教材を作る・・・。
意外に勇気のいる作業です。


    うまく作る自信がない。
    絵がヘタ。
    手作り感がイヤ。
    せっかく作ってもすぐ捨ててしまいそう。
    自分の貴重な時間が減ってしまう。
    面倒くさい。


いろいろ理由をつけて一歩がなかなか踏み出せませんでした。
でもちょっとしたものでも高い教材って多いですよね。
やっぱり輸入教材だと、もともとの現地の値段に送料、手数料などが加算されるので、日本で売られる値段ともともとの値段を比べると買う気が失せます。
気に入ったものが手に入らなかったりします。
私の場合、自分の時間が減るのが惜しくて何でも買ってしまうほうだったのですが、数回使っただけで片付けてしまっているものが多いことに気が付きました。

そこで、インターネットでプリントアウトやダウンロードできる教材探しを始めました。
最初はワークシートを海外のサイトで見つけてプリントアウトしていましたが、いろいろやっているうちにパソコンのちょっとした小技を覚えまして(笑)、それからだんだん楽しくなってきました。


とりあえず必要なものはパソコンとプリンターです。
この2つがあれば、どんどん画像を保存してプリントアウトできますね。

では、わたしのオススメのサイトを紹介しながら作り方を説明します。
 
 
 
 
 
 その前に♪

 
 
  気分だけ職人 「貼る」にこだわってみた
スプレーのり  
最初はとっても便利だと思いました。仕上がりが一番きれいな分、コストも一番高いです。しかも、上手にまんべんなくスプレーしないとはがれやすく、再度のりを吹き付けなくてはいけなくなり、あっという間に缶は空になってしまいます。コツをつかむ前に素直に諦めました。
普通の液体のり 事務でよく使うような液体のり(アラビックヤマトなど)は、紙がシワシワになるので、普通用紙にはあまりオススメできません。乾くとピシッとなる場合もありますが。
スティックのり 結局私が選んだのはスチックのり PITです。そんなに高くないし、液体ではないから紙がシワシワにならない。,しかも強力!厚紙にはスティックのりを使いました。
両面テープ たまに使いましたが、あっという間になくなるので経済的じゃないなぁと思いました。使い方次第ですね。





 
                 
 
 
 
 
 
 
         
 
 
 

 
 

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO