子どもは擬音が好き


小さい子供は、いろいろな音の真似をするのが大好きですよね。例えば、乗り物が大好きな子は、「ガタン、ガタン」とか「ブーン」などの音を真似しますし、生き物が好きな子は「ワン、ワン」とか「モ〜」って真似をしますよね。擬音(正しくは擬声語)って、小さい子にとって簡単で言いやすく、面白いものなんでしょう。


もちろん英語にも擬音はあります。
もしこれから、赤ちゃんや小さなお子さんに英語を・・・と考えていらっしゃる方は、英語の擬音もどんどん使ってみてください。きっとお子さんは日本語・英語関係なく、おかしなその音に興味を示し、自然に覚えてしまうと思いますよ。


下ののページで、英語の擬音をご紹介します。

なるべくお子さんの身の回りにありそうなものを選びました。
(アメリカの子供全員が同じ鳴き声で真似をするわけではないようです。
 一応、代表的なものをまとめてみました。
 ただ、同じ言葉を繰り返す点はアメリカも、日本も共通していますね。)




  ちょっとマジメなお話


英語の「擬声語・擬態語」を突き詰めて調べていくと、日本語で言うものとは少し感覚が違ってきます。

  例 「クスクス笑う」の場合

    日本語: クスクス(擬態) + 笑う(動詞)
     英語 : giggle(動詞)


このように、英語には「クスクス」という擬態語はありませんが、「giggle」たった1文字で「クスクス笑う」の意味になります。
このことからも判るように、日本語は擬声語・擬態語を多用する言語なんですね。

 
 
 
 
Honk-honk !






 いきもの編
  
 Dog (犬) Bow-wow
 Puppy (子犬)
 Arf-arf
 Cat (猫)
 Meow-meow
 Mouse(ネズミ)
 Squeak-squeak
 Horse(馬)
 Neigh-neigh
 Donkey(ロバ)
 Hee-haw
 Cow (牛)
 Moo-moo
 Pig (ブタ)
 Oink-oink
 Sheep(羊)
 Baa-baa 
 Bird (鳥)
 Tweet-tweet
 Duck (アヒル)
 Quack-quack
 Pigeon / Dove(ハト)
 Coo-coo
 Crow(カラス)
 Caw-caw
 Owl(フクロウ)
 Hoo-hoo
 Chicken (ニワトリ)
 Cluck-cluck
 Chick(ヒヨコ)
 Chick-chick
 Rooster (おんどり)
 Cock-a-doodle-do
 Frog (カエル)
 Wibit / Ribit
 Bee(ハチ)
 Buzz
 
 
 物の音編

 車
 Vroom
 パトカー
 Woo-woo
 車のクラクション
 Beep-beep
 大きな車のクラクション
 Honk-honk
 電車
 Choo-choo / Chuga-chuga
 ベル Ding-ding / Ring-ring
 ドアベル
 Ding-dong
 ドアをノックする Knock-knock
 時計 Tick-tock
 雨 / しずく の音 Pita-pata
 鉄砲の音 Bang-bang! Pow-pow!
 泡の音
 Bubble-bubble
 鳴き声
 Wa-wa / Boohoo
 寝ている音
 Zzzzzzz
 ハミング Hum・・・
 咳
 Cough-cough
 クシャミ Achoo
 ブルブル震える Brr
 何かが水に落ちる音
 Splash!
 早いものが通り過ぎる音
 Zoom!、 Whoosh!
 大きな爆発の音 Boom!
 カチッ Click
 バーン・ドン
 Bang!
 パチパチ
 Clap-clap
 ヒュッ Swish!
  



まだ少しずつ増えると思います。気がついたら追加していきます!


 
 
 

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO